たのしい知識
la Gaya Scienza


たのしい知識、とは何の引喩アリュージョンか。もはや説明無しでは判らぬ人もあるかしれない……。

かつて『GS[たのしい知識] la gaya scienza』といふ季刊誌が、あった*1。一九八四年六月創刊、時あたかもニュー・アカ・ブームの最中(さなか)。編輯人は「浅田彰+伊藤俊治+四方田犬彦」。見よ、その創刊の辭を。


「たのしい知識」刊行について

知識は長いあいだ重力の魔にとらわれてきました。ものを知れば知るほど、人は悲しみの淵に沈みこむ。学問を重ねるほどに、陽もささぬ、狭い洞窟のうちに幽閉されてしまう。古来より哲学者たちが唱えてきた「絶学無憂」の一語こそは、こうした知識の不幸をめぐるパラドクサルな意識のあらわれであったといえるでしょう。

いま、わたしたちの周囲にあって、知識はかつてない頽廃に陥っています。僧房を思わせる研究室の薄暗がりのなかで醸成され、隠蔽される知識。ひとえに現実的効用という目的のみに奉仕する知識。あるいはてぎわよく無害に調理され、カタログふうに羅列される啓蒙的知識。およそ、知識と名のつくほとんどすべてのものが、こうした制度的格子に応じて秩序づけられ、鈍重な足どりで生産・分配・消費の回路をめぐっているというのが現状です。わたしたち「たのしい知識」は、正面切ってこの構図を破壊しようとは望みません。そうではなく、そこに今ひとつの新しい回路、目的も自己信仰もない回路を設けようと意図しています。いや、それは回路というよりも、回路の紛い物、始点も終点もない知識の移動・横断・滑走といったほうが正確かもしれません。

十二世紀のトゥルバドールたちは自分の作詩術を、オック語でla Gaya Scienzaとよびました。この語がのちにニーチェの警句集の標題となり、最近では映画作家ゴダールが〈五月〉直後に撮った作品にまで深い影を投じていることは、よく知られているところです。陽光のなかの軽快な知識。舞踏と哄笑をともない、たえずおのれの位置をずらしてゆく知識。わたしたちが必要としているのは「歓ばしき叡智」でも「華やぐ知慧」でもありません。音楽に、哲学に、映画に、休みない横断線を引き続ける「たのしい知識」なのです。

速度、浮気っぽさ、ユーモア。「たのしい知識」は、これまで知識が厳粛な表情のもとに禁じてきたこうした要素を、異教の神の魔法のマントのように身にまといます。秘教伝授の経典でも、能率のよい啓蒙書でもない、この軽薄にして過激な知的倒錯の企てを、どうかあたたかい眼で見守って下さるよう、お願いいたします。


文中「ニーチェの警句集」とは、「悦ばしき知識」とも「華やぐ知慧」とも譯される“Die fröhliche Wissenschaft”(1882)へのほのめかしアリュージョン。ゴダールの映畫とは、邦題が「楽しい科学」だった“Le Gai savoir”(1968)のこと。英語なら“The Gay Science”、對義語が「陰氣な科學 the dismal science(トマス・カーライルによる經濟學の蔑稱、初出1849)だから「陽氣な學問」と譯すも可。先んじて『歓ばしき学問〈叢書 文化の現在〉11、岩波書店、1980)と題する論集も出てゐたが、より平語にくだけて、假名書きで「たのしい」と兒童書風に表記したところが味噌だらう(『たのしい幼稚園』といふ雜誌名の引喩か)

以後この宣言はほぼ毎號掲げられた(第3號ではアジア特輯に合はせて中國語譯を簡化字と繁體字と二種掲げ、「喜悦的智慧」「快樂的科學」ではなく『愉快的知識』と譯してゐる)。署名は3號まで編輯人三者連名になってゐたが、起草は淺田彰であらう。創刊號「編集後記」のうち「A」といふ署名の文と重なるからだ。

知識は重力の魔に憑かれている。

僧房のような研究室の中に堆く蓄積されるアカデミックな知識。商業化された交換回路を堂々めぐりするうちすっかり硬直してしまうプラグマティックな知識。

それらに背を向けて密室にこもり、ロマンティックな自己主張を反復しては自己消費する者たちも、同じ重苦しさ、同じ硬直性に包まれている。

いま必要なのは、知識をそのような重力から解き放つことだ。知識を軽くポータブルなものにすること、その時その時での生産(ヽヽ)に役立つものにすることだ。それをわれわれは「たのしい知識」と呼ぶ。「たのしい知識」は文字通りポップなものとなるだろう。ただしそれは、一般的な意味で「ポップ」なもの、と言うよりも、情報産業によって枠にはめられた「ポップ」なものとは似ても似つかぬものかもしれない。

クロソウスキーやバルチュスの作品のほうが、いわゆる「ポップ文化」のあれこれよりもはるかにポップなのではないか。そのような過激なポップ性こそ、われわれの目指すところである。

あるいはまた、ビジュアルなコラージュであれば何でもポップだというわけではない。それと長大な論文とが同時に提出されることではじめて十分なインパクトが生まれてくるのだ。

「ニュー・アカデミズム」などという愚劣なレッテルのもとに悪しき「知のポップ化」が進行しつつあるなかで、われわれは以上のような反時代的ポップ性にあえてこだわろうとした。[……]

淺田は己れが呼び水となったニュー・アカとの差異化を圖って「知のポップ化」を斥けるわけだが、しかしそれはそれで、亦樂しからずや。そんな無下にすることもなからうと思ふ。

無論これに不信感を抱く人もあるやうだ。今や批評誌が『重力』を名乘る有樣、「重力の魔」(これは『ツァラトゥストラはかく語りき』からの引喩、Vom Geist der Schwereを笑殺する'80年代「軽チャー」なぞ輕侮されるだけなのかもしれぬ(尤も『GS』は文字通りには決して輕くはなくて、毎號分厚く、讀みでがあったけれど)。「知識はそんなに楽しくない」とは、この雜誌の版元だった冬樹社(4號からはUPUユー・ピー・ユー發行)の内情を知った松本功(ひつじ書房社長)の後年の言であるが、しかし、さうは云ってもやはり知識は、たのしい。批判の後にもなほ知識のたのしみが儼存する。だって、愉しいのだから仕方が無い。批難や惡評ですら知る(ヽヽ)のは享樂のうち。不樂是如何(たのしまずんばこれいかん)(ト、これは伊達政宗の漢詩「醉餘口號」による引喩)

あに「絶學無憂」(老子)の歎のみならんや。子曰く、知者は樂しみ……。知之者不如好之者(これをしるものはこれをこのむものにしかず)好之者不如樂之者(これをこのむものはこれをたのしむものにしかず)(『論語』雍也第六)。なるほど「智慧の悲しみ」(グリボイェードフ)といふものは、あらう。歡樂極まりて哀情多し(漢武帝「秋風辭」)、あゝ知らなければよかったのに。にも拘らず、なほ人は知りたがるではないか。アリストテレスは『形而上學』の卷頭に言ふ、「すべての人間は、生まれつき知ることを欲する(=自然本性からして知を求める)。諸感覺が惹き起す快樂はその證據である」(A1;980a)。果して種としてのヒトの本能なのか? 我々は知の快樂の虜であり、必要以上の知識を求める好奇心、知への意志に衝き動かされてゐる。ゲーテ『ファウスト』第一部の開幕劈頭、學術百般を究めたファウスト博士は、

「ああ、己は哲學も
法學も醫學も
あらずもがなの神學までも
容易ならぬ苦勞をして底の底まで研究した。
それなのにこの通りだ、可哀さうな、阿呆な己めが。」

と知識慾を悔いたものの、しかし、それでも追求せずにはをれぬのだ。知識を……もっと知識を! たのしい知識を!(ト、これはゲーテの臨終の句をもぢった引喩)

テレンティウスの名諺を想起しよう。あれは「一切智の夢」(とは、南方熊楠からの引喩)を語ったものとして引合ひにできまいか。「ワレハ人間ナリ。コト人間ニ關スルモノニシテワレニ無縁ノモノナシトス。 Homo sum, humani nihil a me alienum puto.――身不敏なりと雖も、請ふ斯の語を事とせん。

↑


傍註

*1

GSは「ジーエス」と讀み、むろんGaya Scienzaから取った頭文字だが、時にゴダール・スペシャルの略記でもあるさうな。全九册、以下の通り。


【書庫】たのしい知識 > たのしい知識 la Gaya Scienza

▲刊記▼

發行日 
2003年6月 開板/2014年11月30日 改版
發行所 
http://livresque.g1.xrea.com/GS/gs.htm
ジオシティーズ カレッジライフ(舊バークレイ)ライブラリー通り 1959番地
 URL=[http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1959/GS/gs.htm]
編輯發行人 
森 洋介© MORI Yôsuke, 2003. [livresque@yahoo.co.jp]
亂丁落丁(リンクぎれ)、誤記誤植、刷りムラ等、お氣づきの點は、乞ふ御一報